プロフィール

・・ ハオテキシュハン ハオ ・・

Author:・・ ハオテキシュハン ハオ ・・
公式ページです
TEL 029-302-5489
営業時間 17:08~24:08 (LO23:08)
定休日  日曜、祭日
水戸市南町3-2-36
(ライトハウス裏通り)
各種カード払い対応
(Visa、MasterCard、JCB
American Express、Diners Club、
Discover、楽天スマートペイ対応)
御宴会コース、個室利用
ご予約承り中

電話でのご予約はこちらから

029-302-5489

メールでのご質問はこちらから

HOT PEPPER ネット予約

ぐるなびネット予約

hao instagram

ハオのFacebookページ

hao Twitter

リンク

FC2カウンター

店主の近況報告

ハオ・九・コージ

ハオとは・・・?

ハオとは1
ハオは今から15年ほど前に創業。
オープン当初から今でもそうですが、
全国的に見ても珍しい「中華居酒屋」というスタイルで営業しています。

中華をつまみに南町周辺の企業の方々が仕事帰りに一杯飲む店を!
というイメージを描いて作られたお店でした。

オープン当初は夜のみの居酒屋営業。
そこからランチ営業がスタートし、その後は水戸駅南口の
系列店と合同で昼のお弁当の配達始めました。
当時、このお弁当は好評で場所柄もあってか一日に100食を超える
ご注文を頂きました。

当時は厨房の前にはトンネルがあり、お客様からは見えない形でした。
お弁当は好調でしたが夜の中華居酒屋というスタイルはなかなか
浸透しなく苦戦をしていたというのが正直なところです。

ハオとは2
そんな時に生まれたのが「時間無制限飲み放題」です。
料理長がひたすら電卓を叩いて原価計算し
とにかく中華をつまみに飲んでもらうことを浸透させようと考えた
飲み放題プランでした。
このプランは爆発的にヒットしました。
長く続く不況のためリーズナブルなプランは大変好評を得ました。

ハオとは3
その後ランチやお弁当は終了し夜の居酒屋営業のみの再スタートとなりました。
この頃から長らく続く不況の中でも「外で飲む時は少し贅沢したい」とか
きちんと価値のある物を望むお客様が増えてきた背景もあり
少しずつ手直しを加えていきます。

ハオとは4
トンネルがあった入り口はオープンキッチンとなり明るい店内となりました。
お酒のはリーズナブルな飲み放題を維持しつつ料理にはこだわりました。
ハオの大きなエビチリは大人気商品です。

ma-bo-_201701171332199a5.jpg
忘れてはいけないのがハオのずーーーっと1番商品である
「石焼マーボードーフ」です。
現在は丸いほおずき形の超天唐辛子が入ります。
熱くて辛くて旨い。
ハオを支える名物料理です。

ハオとは5
震災以降はイベントを通じ地元生産者とつながりができ
米、野菜、卵など地元の新鮮な野菜が直接入荷するようになりました。
丹念な仕込みと良質な地物食材。
これらが現在のハオを支えています。

ko-su_20170117134254561.jpg
ハオはコース料理、ご宴会などの事前予約を多く頂く様になりました。
紆余曲折をへて現在のハオのスタイルに落ちつく形となりました。
ここにいたるまでも、ランチ営業をテストしてみたり、持ち帰りの
テイクアウトを試したりと試行錯誤しましたが、
お店の規模、出来る仕込み内容などを考えると
今のこの店舗では飲み会、ご宴会、歓送迎会等に力を発揮
するのが一番という結論にいたりました。

ブログカバー2
ご要望にあわせて60分、90分飲み放題を開始
しっかり飲むよりも「さっと飲み」が多くなってきた
昨今の飲み方に合わせ3時間飲み放題へと変更
その分、飲み放題の種類をぐっと増やして
ノンアルでも楽しめる飲み放題になりました

tennnai4.jpg
ここ数年は個室利用の人気がとてもあります。週末や歓送迎会、
忘年会時期はお早目の予約がおすすめです。
ハオでは個室は人数、部屋のタイプによって3種類。
確実に押さえるためには事前予約は必須ですね。

FTD75agT.jpg
震災以降はイベント出店する機会が多く現在はキッチンカー2台を所有し
週末のイベントや観光地、平日の出張ランチなどに活躍中です。
出店のお誘いや企業様からの依頼など、
詳しくはハオのケータリング専門ページへ
ケータリングカー・移動販売車・ケータリングのHAO(ハオ)









テーマ : 中華料理 - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP